伊万里焼の歴史に迫る

前回のテーマ「有田焼」で、有田焼との伊万里焼は同じものを指すという事をご紹介しました。海がなかった有田地区の焼物を輸出する際、最寄の港である伊万里港から積荷が行われたという経緯から伊万里焼という名称が流通した、という理由でしたよね。そのため、海外では実は有田焼という名前より伊万里焼のほうが名前としては有名なんです。
【楽天市場】伝統工芸品・和食器・陶器 【 九谷焼 伝統本舗 】

「IMARI」という固有名詞を持ち、熱狂的なコレクターがいるとのことですよ。日本国内での区別は実ははっきりした定義はありません。有田焼が生産される佐賀県の有田地区や、その周辺地区である。

伊万里では、総合的にものが盛んで窯元が多くあります。江戸時代に鍋島藩による釜本の統合などで、伊万里地区の窯元が鍋島範囲お抱えの窯元として指定されたため、伊万里地区の焼物は御用達を中心として発展し、有田地区の窯元は大衆向けの窯元として発展しました。

さらに、伊万里地区港を用いて直接海外に輸出していたという経緯から、伊万里地区で生産される焼き物は、より海外の顧客向けに豪華絢爛さを強調した模様を持つものも多いとのことです。そのため有田地区のものを「古伊万里焼」、伊万里地区で生産された焼物を「伊万里焼」と呼ぶこともあるようですよ。
ブランド食器・輸入調理器具 < 商品カテゴリ | 楽天セレクトギフト

ただ、有田焼と伊万里焼には技法や工法に大きな差はないそうです。有田焼、伊万里焼はすべて分業体制で生産されています。焼き物の元となる粘土をこねて形を作る「ろくろ師」、熱を加えると青く変化する釉薬で、素焼きの器に下絵をつける「下絵付師」、青い下絵の上に黄色や赤色の薬で絵を描く「上絵付師」が、その作業に加わり、1つのできものができあがるのです。

日本の歴史と深く関わりを持つ有田焼や伊万里焼。日本人として、日々の生活の中にこれらの焼物を1つでも取り入れられたら素敵だなって思います。